着物買取をしてもらって良かったこと

祖母が和服を着ることが多かったため、祖母は着物をたくさん遺していきました。しかし、現代では着物を着用する機会がありません。形見として大事にとっておいたものの、保管はとても大変です。虫食いをしてしまったり、色がさめてしまったりしてはせっかくの価値がなくなってしまいます。そこで、着物買取業者に買い取ってもらうことにしました。無駄に保管しておいてもタンスの肥やしにしかなりません。それなら、必要な人に使ってもらった方が効率的です。果たしてどのくらいの値がつくのか、両親と一緒にドキドキしながら査定額が出されるのを待っていました。着物買取業者といってもいろいろあるので、査定額に納得できなければ別の業者にも査定してもらうことができます。我が家選択した業者は2つありました。1つ目よりも2つ目の業者の方が高値をつけてくれたため、そちらに全ての着物買取をしてもらうことになりました。タンスから着物が消え、お手入れの手間も省けた上、今頃、誰かに使ってもらえているのなら本望です。